BLOG

yoga journeyの日々を綴ります

*sivananda yoga JAPAN TOUR 紫波会場レポート*

2017.8.10 - BLOG

みなさんこんにちは(^^)

 

 

kanaです*

 

 

 

 

今日は、先日8/6(日)に行われた「sivananda yoga JAPAN TOUR」の様子をお伝えします( ˆoˆ )/

 

 

 

とてもパワフルな一日となりました……!!!

 

 

 

パンフレットに記載されていましたが、今回全国を駆け回っている先生たちを少しご紹介しますね。

 

【Sandeep(サンディップ)先生】
南インド出身、小さな頃からヨガの環境で育つ。インドのマドゥライアシュラムに常駐。
2006年TTC卒業、2010年ATTC卒業。タイやインドでのハタヨガの指導を担当。



【同時通訳】
ナラヤーニのりこ先生
2006年TTC、2012年ATTC卒業、25年以上ヨガの指導を続けるカナダ人の夫と静岡で3ヶ所のヨガ教室とベジタリアンカフェ、Zentra Yogaを主宰。毎年同時通訳スタッフとして各国のTTCに同行。
英語、タイ語、中国語など8ヶ国語を話す2児の母。 

 

こんなスペシャルなお二人のクラス。

 

インドに行かずに近場で受けられるなんて、とっても貴重な経験です。

 

 

 

10:00~ドアオープン!!

 

続々とみなさんお集まりいただき、15分にはほとんどお揃いに。

 

これには

 

「この規模で普通、スタートが遅れることがザラなのに、岩手の皆さん凄い!

 

 東北で教育し直してもらわなきゃ!!」

 

 

と、紀子先生がとってもビックリされておりました♡

 

規律正しいみなさん。全国の誇りですね。

 

 

10:30スタートまで余裕があったので、VANIさん新作や、インドからの物品のブティックもゆっくり堪能したり

アシュラムやティーチャートレーニングの説明も和やかに受けられました。

 

 

 

 

 

 

紀子先生はユーモアがあり、わかりやすく、面白いので

 

みなさんも色んな説明を聞きやすかったのではないでしょうか✧︎*。

 

 

 

そしていよいよオープンクラス開始。

 

一瞬にして会場の空気はインドのアシュラムに。

 

 

始まりのOMからマントラも、総勢30人以上でのハーモニー。

 

(でも、男の先生の声だったのでトーンを合わせるのが難しかった方もいるかもしれませんね(笑))

 

そこから呼吸法。普段スタジオで経験がある方も多く、みなさんとても気持ち良さそうにされていました。

 

 

 

 

シバナンダヨガの良さは、

 

基本のシークエンスが変わらないため

 

世界中のどこに行っても、どんな先生から受けても普段の自身のプラクティスを深められること。

 

世界のアシュラムで毎日行われている同じクラスを、マントラから忠実にスタジオで体験されている皆さんだから

 

全国、世界どこに行っても、大丈夫なのです。

 

 

準備運動の太陽礼拝もとてもスムーズに。

 

 

皆んさんの滑らかな呼吸との連動、本当に美しかったです!!

 

 

 

そこから様々なチャレンジへ……

 

普段の片足あげからの開脚!

 

ヘッドスタンドもチャレンジ!

 

サンディープ先生も楽しそう♡

 

同じみのコブラのポーズ!

 

バランスのポーズではカラスのポーズに挑戦!

 

綺麗なトリコナーサナ!

 

 

基本シークエンスに、サンディープ先生の本日の愛のエッセンスが詰まった

 

たくさんのバリエーションも、とても楽しく(かなりチャレンジな?)時間を過ごせました*

 

 

みなさんスッキリ素敵な笑顔♡

 

 

スタッフランチは、cafune’さんにオードブルとカレーをご用意いただきました(泣)

 

インド人先生の特殊なオーダーだったにもかかわらず、相変わらず毎回感動の美味しさです。

サンディープ先生もご満悦でした♡

 

 

 

 

午後のサットサンは、瞑想の時間を取った後、

キルタンと言って、サンスクリット語でマントラチャンティングを行いました。

ハルモニウムというアコーディオンのような楽器と、ジャンベのリズムに合わせて皆で歌います。

 

初めての方は戸惑いもあったかと思いますが、アシュラムでは毎朝、毎晩サットサンがあります。

 

イメージは海外でよくあるような、みんなで楽しく合唱する感じ。

 

私のタイでの一ヶ月は、国籍も関係なく一つになれる時間であり、

 

タンバリンやマラカスを皆んなで回してノリノリでした。

 

 

歌詞の意味がわからなくても、インドの神様のことを知らなくても、大丈夫。

 

ただ頭空っぽに歌ったり音に乗るだけで、言葉に込められたパワーを感じられます。

 

たくさんの種類があります○

 

 

そこから本場のアラティという火の浄化の儀式も体験し、

 

神様に捧げた供物を、プラサードといってみなさんでいただきます。

 

今回は岩手・二戸町のお煎餅をいただきました(^^)

 

 

みなさんサンディープ先生との個別写真撮影を終えて、笑顔で帰られておりました♡

 

 

そして後半は、中級クラスへ……

 

kayo先生と私kanaも参戦!!

 

 

少人数ではありましたが、その分濃厚なクラスとなりました*

 

 

途中から通訳の紀子先生も加わりましたが、いろんなコトに…

 

 

 

 

 

続く逆転ポーズからの後屈

 

ショルダースタンドからのねじり

ブリッジからの、ウォーキング(!!)

 

 

純粋に自分の実践としてとても楽しい時間を過ごせました♡

 

 

この日の名言は

 

「悲鳴あげるなら呼吸しろ!!」  by Sandeep

 

これをもう限界の体にアジャストしながらささやかれると鬼のように感じるのですが、

 

それも愛のコトバ。

 

 

呼吸なくしてヨガはできません。

 

 

「呼吸を止めた状態で続けるものは必ず身体を壊すけど、

 

どんな状況でも深い呼吸が助けてくれる」と、またしても身を持って学びを受けました。

 

 

ハードなチャレンジを共にした中級メンバー!

 

 

 

 

 

国籍も年齢も性別も、流派も超えて、一畳のスペースでいつでもできるヨガ。

 

こんな素敵な時間を、また、みなさんとシェアできた事とても幸せです。

 

とても頑張った後だけど、深い呼吸が伴った”自分のヨガ”をすると

 

疲労ではなく”エネルギー”がみなぎります。

 

 

 

最後のシャバーサナの、

”なんとも言えない感”。

みなさんだったらどんなコトバで表現されますか?

 

自分の足で頑張って登った山だからこその頂上の景色。

 

今回の特別な時間で、またいつもと違う景色が見れたのではないかと思います。

 

 

 

 


 

 

 

カルマスタッフの綾子さん、晶美さん、本当に、ありがとうございました✧︎*。

 

 

 

 

 

そしてそして、主役のサンディープ先生、紀子先生!!

 

紫波にも来ていただき、ありがとうございました!!

 

まだ残りのツアーもお二人のパワーで駆け抜けてください✧︎*。!!

 

 


 

 

 

参加されたみなさんのアルバムを、

 

フェイスブックで公開しております*

https://www.facebook.com/iwate.yogajourney

 

 

ご自由に保存してくださいね。

 

 

もしFacebookのアカウントが無くて見れない方がいらっしゃったら、

 

お気軽にスタジオにお問い合わせください♫

 

 

 

メール  info@yoga-journey.yoga

(ドメイン設定確認お願いします)

 

ライン  line://ti/p/@fnw8357i

(公式アカウントではありますが個別で普通のラインと同じようにトーク可能です)

 

また、参加されてご不明点や質問がありましたら、なんでも聞いてくださいね〜\\(◡̈)/♡

 

 

ご感想もお待ちしております*

 

 

 

 

kana.