冬の過ごし方。

yoga journey田村佳世ブログ

 

本格的な冬です。

今日はそんな冬の過ごし方を提案しますね。

 

私たち人間も自然の一部です。

分かっているようでつい忘れてしまうことですが、私たちは周りをとりまく環境の影響を必ず受けます。

その周りをとりまく自然環境を変えることは出来ません。

私たちの努力で変えられるのは、自分自身のことです。

周りの環境は受け入れ、自分自身に関することは努力して取り組んでいく。

変えられるものと変えられないものを見誤らないことが大切です。

 

ヨガ=繋がり

 

私たちと自然環境は繋がっています。だから、生き方も自然界をお手本にすると良いヒントが見つかります。

植物や野生の動物は、いつでも自然に順応し、今自分に出来ることをして懸命に生きています。

 

冬は、全てのものが成長を止め、小さく集まり、籠ります。

植物は土の中に、そして動物も出来るだけ動かない。

でもそれは、ただ何もしていないのではなく、すでに春の準備を始めているのです。

表には現れないけれど、少しずつ春に向けて内部では変化をしています。

 

3月の春分の日を迎えると、自然界も一気に芽吹きと活動を始めます。

私たちの環境も、嫌でも大きく動き始めます。

新学期、新生活、新しい仲間、新しい取り組み、、、etc.

その季節が来たら、準備が出来ていようがいまいが、私たちは活動を始めなければならなくなります。

その春に良いスタートを切れるように、私たちも冬の間に取り組む準備が大切です。

 

冬は、目に見える成果や結果が現れにくいです。

何かをしようとしても、環境や気候に阻まれて中止になることも多い。

だからと言って、こたつでゴロゴロみかん食べてのんびりしてても良いのでしょうか?

そんな冬だからこそ、少しずつ春の準備を始めてみてはいかがでしょうか?

 

ちょうど新年です。今年一年の目標を立てて、その目標を達成できるようなスケジュールを組む、情報を収集する、本を読む。

あるいは、春からの活動的な日々に向けて冬の間に体力作りをする。

今から少しずつでも出来ることを始めておけば、きっと万全の状態で春を迎えることができるでしょう。

そして逆にいったら、冬何もしないと、スタートの春につまづいてしまうかもしれません。

そんなことになったら、今年という一年を台無しにしかねない。とてももったいないことです。

 

もう一度言います。

私たちは自然の一部です。

環境を受け入れ、今自分に出来ることを少しずつ取り組んでみてくださいね。

 

 

kayo

関連記事

  1. 2年ぶりの開催!ラージャヨガ・スートラの講座のお知らせ✴︎

  2. スタジオが初めての方へ*はじめてのsivananda yo…

  3. 3/20(月・祝日)ヨガ哲学講座「バガヴァッド・ギーター」開…

  4. 10/6(金)〜デトックスナイトヨガ レポート〜盛岡満月の夜…

  5. オススメ書籍「はじめてのアーユルヴェーダ」限定販売!

  6. 【5/22まで!】熊本ヨガコミュニティ復興のための募金活動を…

PAGE TOP