「自分には与えるものが無い」と思っている人へ。

私は最近、
「与えると、与えられる」
「与えると、相手も自分も増える」
という投稿をよくしているので、私のそんな投稿を見て、
「自分にはお金も物も、誰かに与えられるだけの余裕がない」
と悩んでしまう方が多いと思います。

そういう方に向けて、今日は私たちが持つことができ、与えることのできる「資産」について、一緒に考えていきたいと思います。

 

私たちが考える資産って、一般的には「有形資産」と言って、実態のある資産をイメージしている方が多いと思います。

有形資産:お金、建物、土地、設備、車両など、実態のあるもの。
会計制度上で計上できるもの。

この有形資産が少ないと、私たちはなんだか貧しい気持ちになってしまいますよね。
この有形資産の増減で一喜一憂し、有形資産を増やそうと、私たちは日々奮闘しています。

 

そして、実は有形資産以外にも、私たちが所有できる資産があります。
それを「無形資産」と言い、有形資産との反対で、実態のない資産をあらわします。

無形資産:知識、スキル、経験、健康、信用、友情など、実態のないもの。
     会計制度上では計上できない。

 

この「有形資産」と「無形資産」に関しては、「LIFE SHIFT」という本を読むとより詳しく理解することができると思います◎
リンクを貼っておきますね!

漫画版もあるよ◎

 

でね、この概念を持つと、「自分にも与えられる資産がある!」と気が付けるのではないか?と思います◎
つまり、現状「有形資産」に余裕がないのであれば、「無形資産」を与えることができないか?と視点を変えてみて欲しいのです。
無形資産は実態がありません。でも私たちは確かに所有しているので、与えることができるはずです。

私が今一生懸命社会に与えようとしているのでは、まさにこの「無形資産」です。

岩手県盛岡市ヨガスタジオヨガジャーニーの写真

私の知識やスキル、経験、体験を、このブログやyoutube、インスタグラムなどで常に発信を続けています。
たまに告知も入れていますが、私の発信のメインは、自分の感じたこと、体験したこと、気づいたことなどの無形資産です。
それを発信することは、自分の存在をアピールする、というより、私にとっては「困っているだれかに届け!」という思いで発信を続けています。

そうやって発信を続けてきて9年以上経ちますが、そこから私の発信に共感したり、何か解決の糸口を見つけて、実際に私のクラスにきてくれる方も多いですし、オンライン講座を受講してくださる方もたくさんいます。

この流れ、わかりますか?

私の元々の「有形資産」は少ないです。むしろ融資など受けているのでマイナスの状態です。
でも、「無形資産」を発信し与え続けることで、私の「無形資産」はより増えます。
そして私の「無形資産」を受け取ってくれた方の心もまた豊かになり
私と受け取ってくれた人両方の「無形資産」が増えると、
結果的に「無形資産」だけでなく、「有形資産」も増えるのです。

これが私がずーっと言っている「与えると、相手も自分も増える」ということなのです。

ヨガジャーニー田村佳世の写真

今回のコロナの問題で、「有形資産」の価値が大きく揺らいでいます。
未曾有の大不況がこれからやってくるとも言われていて、不安を感じている方も多いかもしれません。

でも、「無形資産」の価値って、コロナで減りましたか?影響を受けていますか?ほとんど無傷でしょう?
無形資産の強みはそこなんです。
外部の環境の影響を受けることがほとんどなく、誰にも奪われない、減らない。むしろ与えれば与えるほど増えていくもの。
だから与えている本人にとって、与えることは苦にならない。自己犠牲の「与える」とは全く別物です。
そしてたくさんのものを持つ所有者ではなく、人格者であることがこの無形資産を一番増やしてくれます。

今後の世界で「有形資産」を増やすことはより難しくなるし、その価値が揺らいでいる、ということは、頑張ってそれを追い求めても、無価値になるリスクもある、ということ。

だったら無形資産を増やす努力に切り替えてみてはいかがですか?
この無形資産を増やす一番の方法は「与える」こと。
だから、皆さんが今までの人生の中で体験したこと、気付いたこと、救われたことなどをどんどん発信していったら良いと思います◎
あなたのその発信は、まだ見ぬ誰かを救うきっかけになるかもしれないから。

私はそのことに気がついた時のお話をyoutubeでしていますので、併せてご覧くださいね◎

 

kayo

関連記事

  1. 岩手県盛岡市ヨガスタジオヨガジャーニーの写真

    誰かの心なんて、コントロール出来ない。

  2. 岩手盛岡ヨガジャーニークラスの写真

    自信なんてなくていい。

  3. manduka 「welcome mat」 のご紹介⭐︎

  4. 岩手県盛岡市ヨガスタジオヨガジャーニーの写真

    目先の手っ取り早い方法は、あなたを救ってはくれない.

  5. 肩こりの原因は??

  6. 野村賢吾先生ヨガジャーニーワークショップの写真

    9/28-29野村賢吾先生ワークショップ開催レポート!

PAGE TOP