手を上に上げる動きで怪我をしない為のポイント

ヨガでは手を上に上げる動きが多いですが、単純にバンザイするイメージだけで行うと、体が不安定になったり、関節に負担をかける場合があります。

よく見かけるのが、
脇の下が外に開いて、腰が反り、首が詰まっている状態。
これだと首が詰まって呼吸がくるしくなりますし、
腹筋も抜けやすいので腰が反って負担がかかりやすくなります。
さらには肩関節内でインピンジメント(挟み込み)が起こり、何度も繰り返すと四十肩のような鋭い痛みが起きやすくなります。

対処法として、
脇の下を向かいあわせるようにして肩を下げて首を長く保ち、
同時に肋骨を引き込むことで腹筋を入れ腰を守ります。

ヨガジャーニー手を上に上げる時のイメージ写真

ヨガジャーニー手を上に上げる時のイメージ写真

これは、手を上に上げる様々なポーズに共通しますので、是非心掛けてみてくださいね😊

kayo

関連記事

  1. 岩手県盛岡市ヨガジャーニーの写真

    ダウンドッグ練習時の背骨のアライメント

  2. ヨガジャーニー姿勢改善腹筋強化のイメージ写真

    腹筋を締めて、腰を痛めないようにする為のポイント

PAGE TOP