本当の意味で「手放す」ことができる人は、手に入れたことのある人。

本当の意味で「手放す」を理解できる人って、
手に入れたいものために本気で努力してきた人じゃないかと思う。

たとえば、
「普通が1番!」とか言いながら、活躍している人を見ると妬ましくてしょうがない人。

「お金が全てじゃない」とか言いながら、お金に苦労してお金を憎んでる貧しい人。

熟した果実が自然と木から離れるように、
私たち人間も、欲望がある程度熟さないと、欲望からは自由になれないのかもしれない。

そもそも、手に入れてるから、手放せる。
手に入れてないものは手放せない。
というシンプルな話なんだと思います。

だから私は、
人気者になりたい!
お金が欲しい!
とか何でも良いけど、
誰かを傷つけない限り、正直になってどんどん努力して取りに行ったら良いと思ってます。

お金だって地位や名誉だって、
それを持っている立場にならなければ、
その本当の価値が分からない。

1番かっこ悪いのは、
本当は欲しいのに、自分に嘘をついて「それって悪いものだよね」
って手に入れられない自分を正当化すること。

周りにはウソをつけても、
自分にはウソをつけない。
一見正しそうな事を言ってても、心の奥で苦しいなら、それはウソをついている証拠じゃないかな?

苦しみから解放されるには、自分に正直でいることだと私は思います。

岩手県盛岡市ヨガスタジオヨガジャーニーの写真

関連記事

  1. 岩手県盛岡市ヨガジャーニー田村佳世写真

    インドの道徳観:「人は一人で生きられないのだから、手を貸しな…

  2. 岩手県盛岡市ヨガスタジオヨガジャーニーの写真

    誰かの言葉に、傷つかないくていい。

  3. 岩手県盛岡市ヨガスタジオヨガジャーニーの写真

    近づきすぎると、苦しくなる。

  4. 岩手県盛岡市ヨガスタジオヨガジャーニーの写真

    直感は、感情でも思考でもない。

  5. 岩手県盛岡市ヨガスタジオヨガジャーニーの写真

    生活のために嘘をついたり騙したりする生き方は、自分を苦しめる…

  6. 今日のsivananda yogaクラス

PAGE TOP