マネすべきは、形ではなく、その心。

岩手県盛岡市ヨガスタジオヨガジャーニーの写真

「真似をする時には、その形ではく、その心を真似るのが良い。」

近代日本経済の父と呼ばれる渋沢栄一の言葉です。
これはヨガにも通ずると思います。

ヨガ実践者であれば、ポーズの形をただ真似るのではなく、
そのポーズを練習することによって、心を学んでいく。

ヨガ指導者であれば、先人達が築いてきたヨガの形をただ真似るのではなく、
ヨガとどう向き合ってきたのか?何を伝えようとしていたのか?
その心を理解しようとする。

その心さえ理解できれば、あとは自分らしい型が自然と出来上がってくるのだと思います。

自分だからこそ出来ること。
自分だからこそ伝えられること。

外側ばかり見ていても、結局は何も分からないのだと思います。
深く物事を見極める目を養っていきたいですね。

 

kayo

関連記事

  1. ヨガジャーニー田村佳世のブログ

    期待=「認められたい」という自己愛の表れ

  2. 岩手県盛岡市ヨガスタジオヨガジャーニーの写真

    ヨガ指導者としての10年を振り返る。

  3. ヨガジャーニー田村佳世のブログ

    『出来ない』ことがあっても、 私達は完璧な存在

  4. ヨガジャーニー田村佳世ポーズの写真

    変容ではなく、受容

  5. 岩手県盛岡市ヨガスタジオヨガジャーニーの写真

    スポ根ヨガから卒業しよう。

  6. manduka 「welcome mat」 のご紹介⭐︎

PAGE TOP